INDEX

  • 手の届くラグジュアリー
  • ハートビートの元祖
  • さりげなく手元を彩る
  • FREDERIQUE CONSTANT

先行き不透明な時代だからか、多くの人たちが本当に価値あるものを選びたいと思うようになってきている。
長く愛用できる機械式時計に注目が集まっているのも、その流れだろう。
本当に間違いのない1本が欲しいなら、フレデリック・コンスタントを選ぶのは賢い。

多彩なラインアップを擁するブランドだが、袖口を個性的に彩りたいのなら、
おすすめは角型ケースの「クラシック カレ」。
クラシックにしてモダンな華やぎもあるこのコレクションなら、
オンからオフまで、さりげなくセンスの良さをアピールできるはずだ。

INDEX

驚異的なコストパフォーマンスで知られるスイスの名門、フレデリック・コンスタント

 時計は人生をともに歩む相棒。せっかく買うのなら、身につける喜びのある機械式時計を選びたいという人は多いだろう。ただ、機械式は精緻な部品の集合体であり、組み立てにも職人の高度な技術を要する。そのため、どうしても高額になりがち。そこで注目していただきたいのがフレデリック・コンスタントだ。

 スイスのジュネーブ郊外で1988年に創業した同ブランドは“手の届くラグジュアリー”をコンセプトに掲げている。スイスメイドの高品質な機械式時計を誰もが求めやすい価格で提供することによって世界中で多くのファンを獲得している。

プラレワットにある自社工場

ジュネーブ郊外のプラレワットにある自社工場。デザインから開発、組み立て、品質管理に至るまで、すべてを自社で行う体制を整えている。2019年には世界的に高まる需要に応えて工場面積を2倍に拡大。大幅に生産量をアップさせた

 2004年には完全自社開発のムーブメントを発表、マニュファクチュール(時計製造の全工程を自社内で行う会社)化を強力に推進した。現在ではトゥールビヨン(どんな姿勢でも安定した精度を維持する機構)とパーペチュアルカレンダー(永久カレンダー:カレンダーの調整が不要な機構)を同時搭載した超複雑ムーブメントなどを自社開発するほどの技術力を誇る。耐磁性の高いシリコン製の脱進機の搭載でも時計界をリードしている。コストパフォーマンスの高さに加えて、ウォッチメーカーとしての確かな生産技術も、長く愛せる実用時計を求める人にとって頼もしいポイントになるだろう。

 角型時計がそろうクラシック カレのコレクションは、そんなフレデリック・コンスタントのラインアップのなかでも、より個性的なモデルを求める方にうってつけだ。以下では、とくにビジネスマンにおすすめの2モデルを紹介していこう。

熟練職人の手仕事 熟練職人の手仕事

誰もが手の届く価格帯で機械式時計を提供しているフレデリック・コンスタントだが、品質に一切妥協はない。ムーブメントの組み立てなど時計製造の要となる部分には熟練職人の手仕事を多用し、美しく真に価値ある時計を生み出している

知的な顔立ちに潜む、さりげない遊び心 クラシック カレ オートマチック ハートビート

 昔も今も腕時計はラウンドケースが主流。だからこそ、あえて普段づかいの時計として角型ケースのものを選ぶと、実はとても簡単に非凡なセンスをアピールできる。シャープなフォルムは、その人を知的に見せる効果も高い。仕事ができるビジネスマンを演出したい向きには絶好だろう。とくにフレデリック・コンスタントのクラシック カレは、その名の通りアール・デコスタイルのクラシカルなルックスのため、シックなスーツやジャケットとの相性も最高だ。

 ここで紹介する「クラシック カレ オートマチック ハートビート」(写真下)は同コレクションの日本限定モデル。文字盤上部の小窓から機械式ムーブメントの心臓部であるテンプを、巧みなオープンワークでのぞかせる。クラシカルで知的な角型時計ながら、モダンなテイストや大人の遊び心を感じさせるのがいい。

 ご存じの方も多いと思うが、“ハートビート”と呼ばれる、このオープンダイヤルは、1994年に世界で初めてフレデリック・コンスタントが考案した仕掛け。機械式の魅力をデザイン的にも訴求するユニークなアイデアとして当時、人気を博し、その後の時計界にオープンダイヤルのブームも巻き起こした。

 ちなみに今作ではデイト表示のスケルトナイズされた日付版がハートビートからのぞき、メカニカルな味わいがさらに増している。モノにこだわりを持つ大人の男にこそふさわしい角型時計だ。

クラシック カレ オートマチック ハートビート FC-315MWR4C26
クラシック カレ オートマチック ハートビート FC-315MWR4C26

クラシカルで知的な角型時計ながら、ほどよくモダンなテイストも感じられるクラシック カレ オートマチック ハートビート。今らしいビジネススタイルをセンスよく彩りたいのなら最高の選択だ。もちろん休日スタイルを上品に仕上げたいときにもおすすめ

クラシック カレ オートマチック ハートビート FC-315MWR4C26 詳細はこちら

大人の色気漂うコンパクトなフルスケルトン クラシック カレ オートマチック スケルトン

 よりファッショナブルでコレクション価値の高い角型時計をお探しの方には前述のモデルと同じく日本市場のみで限定販売されている「クラシック カレ オートマチック スケルトン」をおすすめしたい。こちらはフレデリック・コンスタント初のフルスケルトンウォッチ。ケースバックをシースルー仕様としただけでなく、ローマ数字インデックスとミニッツトラックを残して、文字盤が大胆にカットアウトされ、搭載する精緻なムーブメントの全容を表と裏で鑑賞できるように仕立てている。パーツのメカニカルな輝きにより、とてもラグジュアリーな趣きを感じさせる。

 とはいえ、最近よく見かけるラグジュアリースポーツ系のフルスケルトンウォッチほど過度にゴージャスではない。一定の品位を保っているのが、さすがはフレデリック・コンスタントだ。これにはブレゲ針やオニオンリューズといったクラシカルなディテールに加え、ケースサイズ自体がコンパクトなことも効いている。まるでヴィンテージウォッチのようなバランスで、腕に乗せたときに決して悪目立ちしない。このたたずまいならスーツスタイルの洒脱なアクセントに、あるいはカジュアルな装いの格上げにも重宝しそうだ。

 成熟した男の色気や余裕を示すのにうってつけのフルスケルトンウォッチであり、パーティや会食の席では会話のきっかけにもなる。1本目の本格時計には、ややハードルが高いかもしれないが、2本目、3本目としてなら狙う価値大だ。

クラシック カレ オートマチック スケルトン FC-310SKT4S36
クラシック カレ オートマチック スケルトン FC-310SKT4S36

時計趣味が高じると1本は欲しくなるのが最近はやりのフルスケルトンウォッチ。ただ、華美な見え方のものが多く、普段使いにはあまり適さないというのが現実だ。その点、クラシック カレ オートマチック スケルトンはコンパクトなプロポーションにより、幅広いスタイルにシックになじむ。さりげなく時計に対する造詣の深さを見せるのにもってこいだ

クラシック カレ オートマチック スケルトン FC-310SKT4S36 詳細はこちら

フレデリック・コンスタント 2022
      クラシック カレ スプリングキャンペーン開催中 ~あなたと共に人生を歩む時計、クラシック カレ~

 2022年4月10日(日)まで、全国の対象店舗にて、「フレデリック・コンスタント 2022 クラシック カレ スプリングキャンペーン」と題した特別なキャンペーンが開催される。期間中は、メンズの「クラシック カレ」シリーズの対象時計の購入特典として、オリジナル本革製品(コインカードホルダー、またはペンケース)をプレゼント。さらに、時計の裏ぶた(ガラス面)への刻印無料サービスを用意。

オリジナル本革製品 時計の裏ぶたへの刻印無料サービス
キャンペーンについて
詳しくはこちら

LINE UP

FREDERIQUE CONSTANT