提供:三菱商事

シリーズ第7回 DX事業編

DXで業界に革新を 社会・環境課題の解決へ

三菱商事が世界中で展開する事業や新たな領域への挑戦を紹介するシリーズ。第7回は、三菱商事が推進するデジタル戦略の中核を担うテクノロジーカンパニーとして2019年に設立されたMCデジタル(東京・千代田)を取り上げる。自社・グループ内の業務改革にとどまらず、サプライチェーン全体にオープンなDX(デジタルトランスフォーメーション)基盤を構築し業界全体の発展を目指す取り組みに密着した。

  • イメージ

IT人材そろい切磋琢磨 デジタルでビジネス変える

技術者集団を率いる平栗社長

大胆な変革を目指す平栗社長

世界を舞台に活動する三菱商事。関わる業種・業界は多岐にわたり、その事業は川上から川下までサプライチェーンのすべてに深く入り込む。MCデジタルは、DXを通じて各産業全体の変革を図るという三菱商事のデジタル戦略を技術面で支える中核部隊だ。三菱商事の平栗拓也デジタル戦略部長が社長を兼務し、三菱商事の各部門と緊密に連携を取りながら、常に一体化した運営が行われている。DX開発を外部に委託する企業が多い中、三菱商事では徹底して内製化にこだわった。

活動拠点は東京・神田のオフィス。カジュアルスタイルの社員がパソコンに向かう光景は、いかにもIT企業らしい。オフィスの一角に設けられた会議スペースにはエンジニアたちが集まり、ホワイトボードを前に熱いディスカッションも始まった。

技術者集団の写真

総勢16人からなるメンバーの平均年齢は20歳代後半。MCデジタル設立に合わせて加わった若き技術者集団だ。人材マッチングアプリの開発などで多くの実績を残してきた最高技術責任者(CTO)の久保長礼を筆頭に、情報オリンピックなどのコンテストで数々の受賞歴を持つデータサイエンティスト、大学発スタートアップ企業に勤務経験のあるITエンジニア。いずれも米国の大手IT企業にスカウトされてもおかしくない高いスキルを持った逸材がそろう。

「MCデジタルでは日ごろのビジネス活動を通じて、それぞれの産業を知り尽くすプロの方々と直接会話する機会が多い。それが新しい視点やアイデアを生む原動力となっている」。MCデジタルでの働きがいを久保長はこう表現する。

「各領域で高い専門性を持つ人材が集まり切磋琢磨(せっさたくま)し合う。三菱商事が持つ既存事業に人工知能(AI)を取り入れることで自動化・最適化できる領域があるので、そこにMCデジタルが持つ技術を組み入れることで価値を一緒に創っていける可能性がある」(久保長)

「DXの目的は従来のビジネスモデルをデジタルの力で変えること。日本にはIT開発は外部委託するケースが一般的だが、それではITを中心とした経営、ビジネスモデルの進化につながらない。MCデジタルでは優れたエンジニアを内製化することによってITドリブンでビジネスモデルを変えるなど、思い切った変革を促していきたい」。トップの平栗もエンジニアたちが力をフルに発揮できる環境づくりに労を惜しまない。

需給バランスを最適化 フードロスをAIで解決

イメージ

三菱商事では、こうしたトップクラスのIT人材の頭脳と三菱商事グループが長年培ってきた業種ごとの膨大なデータや運営ノウハウを融合し、各業種に最適化したDXの構築を進めている。自社・グループ内完結型のDXではなく、目指す先はあくまで「産業全体を発展させるデジタルプラットフォーム」だ。

三菱商事の連結事業会社は約1700社。各業界の取引先やパートナー企業などを含めるとステークホルダーは膨大な数に及ぶ。それぞれの業界全体を巻き込んでいかにデジタル化を推進するか。その成否が企業、産業の未来を大きく左右する。このためには業界全体を横断する共通の基盤が必要であり、MCデジタルが生み出すソフトなどの成果は他社にもオープンに提供していくという。

「我々は黒子としてデジタルプラットフォームを提供しながら産業全体の発展をお手伝いしていきたい」と平栗は語る。

例えば、その先駆けとなるプロジェクトが食品流通DX。三菱商事が国内で長年取り組んできた食品流通ビジネスの効率化をDXによって実現しようという試みだ。

食品業界ではこれまでメーカー、卸、小売りがそれぞれの判断で販売数や発注量を決めていたため、各社の予測のズレが積み重なって多くの無駄を生んでいた。三菱商事は、MCデジタルの有する最先端のAI技術を活用し、サプライチェーンに関わる受発注や在庫等のデータを総合的に解析することで、食品業界における流通全体の最適化を目指す。

久保長は、「需要予測に合わせて発注量を計算するアルゴリズムを取り入れることで精度が上がった」と成果を語る。

DX構築によって発注の精度を上げ、各流通段階での無駄を解消できれば、食品業界が抱えるフードロスや配送に伴う二酸化炭素(CO2)の削減など社会・環境問題の解決にもつながる。それは三菱商事が半世紀以上展開してきた食品流通業界への恩返しであると同時に、「社会価値」「経済価値」「環境価値」の3価値同時実現を目指す同社の理念にも合致する。

他分野で新ビジネスモデル開発も 業界DXの実現は社会的責任

イメージ

DX推進への挑戦は食品流通業界だけにとどまらない。「1つのサプライチェーンで成果をあげたプラットフォームは別の産業のサプライチェーンにも横展開することができる」と次への展開を見据える平栗。すでに他の分野でも新たなビジネスモデルの開発が始まっている。

MCデジタルの技術力と三菱商事の業界知見。両社の強みを生かした社会問題の解決への挑戦こそこの会社に与えられた使命と考える平栗。「自分たちがつくった仕組みが社会に実装されてインパクトをもたらす。それだけ社会的責任の大きな仕事であり、絶対に成功させなければならない」と力強く決意を語った。