いろんな働き方があっていいこれからのテレワークを支える
PCの選択肢

提供:NEC

新型コロナウイルス禍で私たちの働き方が大きく変化しています。テレワークを活用して、子育てや介護と仕事を両立したり、旅と仕事を融合させたワーケーションを選択したりと、ワークスタイル自体にも多様性も生まれています。そんな時代にふさわしいビジネス用PCに求められる条件とは――。政府の働き方改革実現会議の委員を務め、ダイバーシティ推進にも熱心に関わってきた相模女子大学大学院特任教授の白河桃子さんにお話を伺いました。

コロナ禍が働き方やビジネスの変化を加速させた

――コロナ禍によって働き方が変化しました。白河さんの目から見て今の状況はいかがでしょうか。

 確かにテレワーク導入などが進みましたが、これは日本の社会、とくに企業において、すでに「変化しておくべきだった」ものが、コロナ禍によって加速したにすぎないと思っています。重要な課題はやはりDX(デジタルトランスフォーメーション)などITへの投資をいかに進めるか。それによって、人々の働き方が変わるし、人事制度や評価の体系も変わります。変化することの大切さが、コロナ禍であらためて認識されたということだと思います。

――働き方改革は今後、どのように進んでいくとお考えですか。

 「働き方改革」はあくまで手段にすぎません。その先にある「目的」が大切です。改革の先にどんな未来があるのか、まさに経営戦略としての働き方改革が求められています。

 重要なのは働き方の多様性をどうやって生み出すのかということ。ここで言う多様性は「専門性×視点」の多様性ですから、単に女性比率が高いとか外国人も採用しているといった形だけのダイバーシティでは不十分です。人材は多彩でも同じ働き方をしていては同じ景色しか見えない。多様な働き方を保証することで視点の多様性が生まれ、その風土がイノベーションを生み出すのだと思います。

緊急対応に止まることなく、変化を一歩先取りする

白河桃子氏

白河桃子氏(相模女子大学大学院特任教授)

慶応義塾大学文学部卒。商社勤務などを経てジャーナリスト・作家に。共著『婚活時代』で婚活ブームの火付け役になる。2020年9月、中央大学ビジネススクールでMBA取得。女性のライフキャリア、少子化、働き方改革、ジェンダー、ダイバーシティなどをテーマに発言。内閣官房「働き方改革実現会議」有識者議員など多くの政府会議委員も務める。最新刊『働かないおじさんが御社をダメにする ミドル人材活躍のための処方箋』(PHP新書)。

――多様性というのは、ユーザーや市場の変化にどう対応するかということでもありますね。

 いま成功している企業は働き方の変化や多様性を、コロナ禍の緊急対応ではなく、未来のための経営戦略として捉え、ビジネスモデルの大胆な変革も視野に入れ、コロナ以前から投資を惜しみませんでした。例えばAmazonに代表されるeコマースは市場を変えましたが、Amazonは決してパンデミックを予期していたわけではありません。ただ、オンラインで買えないものはないという状況が消費者にとって便利という欲求を先取りして、そのためのプラットフォームを整備しました。それがコロナ禍の時代にさらなる勝者となる要因です。

 現在ではコンビニまでネット通販や宅配に乗り出していますが、現状では消費者は店ごとにしか商品を購入できない。その不便を解消するために、消費者の希望に添って複数の店舗から商品をピックアップして自宅まで届ける大規模な「買い物代行サービス」も米国で高い評価です。過去にとらわれずユーザーのニーズを大胆に先取りできているかどうかが、これからの企業の生死を分けることになりそうです。

 ウィズコロナの時代にはリモートと対面を使い分けるハイブリッドが当たり前になるでしょう。だから、企業は接触と非接触の両方のビジネスモデルを持っていた方がよい。需要が減って苦しい観光産業の中でも、リゾート地でもテレワークで仕事もできる「ワーケーション」が注目されています。ワーケーションの聖地といわれる南紀白浜のホテルではテラスのパラソルの下にも必ず電源があって、滞在者のテレワークをサポートしています。地元をあげて「観光産業×ワーケーション」の誘致のために努力をいち早くしてきたことが今の活況につながっています。

テレワークやオンライン会議に使える、軽くてタフなPCが欲しい

――ところで白河さんの仕事のスタイルもコロナ禍で変わりましたか。

 ほとんどの仕事がオンラインで完結できるようになりました。以前から地方出張の際は新幹線内でノートPCを広げて仕事をしていましたが、翌日に東京で仕事があるとどうしても日帰りせざるを得ませんでした。

 ですが、今だとオンライン会議ツールを使えば、予定を延ばして、地方に数日滞在することも可能です。そうすれば、東京での会議もこなしながら、地方の方とも新しい人間関係が作れるようになる。県境を越えた移動が可能になったら、一般のビジネスパーソンも、次の日の会議や経費精算のためにだけ日帰りするのではなく、出張先にもう一泊したらいい。そこには東京にない景色、新しいビジネスのヒントがあるかもしれません。

――そのためにはやはり有能な仕事の相棒としてテレワークに適したPCが欲しいところですね

 そうなんです。やはり女性なので、持ち運ぶには軽いとうれしいですね。ちょっとやそっとでは壊れないタフさや、筐体(きょうたい)のサイズのわりにはディスプレーが大きいことも条件です。たんに文書やメールを書くだけでなく、今は同時に動画を見たり、オンライン会議もしなくてはならないので、それをこなすだけのパワーも大切です。

――先ほど、NECの「VersaPro UltraLite タイプVC」に触れていただきましたが……。

 これ、1kgないんですね。ほんと小さくて軽い。そのわりには画面も広い。キーボードも打ちやすいし、スピーカーもとてもいいですね。特にノイズキャンセリングや音声の均質化はすごいです。これなら自宅でのテレワークにも、旅先でのオンライン会議にも十分使えると思います。働き方の多様化に対応して、PCメーカーも柔軟に変化しながら製品を進化させている、そんな一例だと思いました。

VersaPro UltraLite
タイプVC
 ここがすごい!

Point 1 1kg未満の軽さ。持ち運びに適したコンパクト設計

薄さ18mm、質量約947g(※最軽量時)。側面から底面に向けて丸みを持たせた手にやさしい設計。 薄さを保ちながらも持ちやすく、鞄にも入れやすい。

Point 1

Point 2 ワイドな液晶画面・キーボードでより使いやすく

コンパクトな筐体ながら12.5型のフルHD液晶画面を搭載。キーボードも幅広で打ちやすい。

Point 2

Point 3 音声の聞き取りやすさを追求。Web会議に効果的

ヤマハ製AudioEngineTMがミーティング中の声をピックアップする「Webミーティングモード」。室内での響きを抑える機能や、ノイズを抑え相手にクリアな音声を届ける機能も。

こちらのリンク先内の動画でミーティング機能の音声を体感いただけます。

Point 3

最新の Windows 10 Pro
デバイスでもっと上へ。

ページトップへ