スポーツキャスター/スキー ノルディック複合競技元日本代表

荻原次晴氏

全力を出し切る強い気持ちが
プレッシャーを克服し結果につながる

 スポーツキャスターとして活躍する荻原次晴氏は、双子の兄・健司氏とともにスキーのノルディック複合競技で活躍するも、常に兄と比較され続けた。悔しさを力に変え、世界トップクラスの成績を残すに至った軌跡と、スポーツやビジネスで世界をリードする力となる日本人ならではの「繊細な感性と技術力」について語った――。

荻原次晴氏

悔しさをバネに意識を変え、
世界を目指す

 自然に囲まれた土地で育ち、父の影響もあって子どもの頃から登山やスキーに親しみ、高校時代には兄弟そろってスキー複合競技の国内1、2位を独占するようになっていました。しかし、高校2年で国際大会に初出場すると世界の壁は厚く、二人ともビリに近い戦績。僕は「楽しくやれて結果は後からついてくればいい」とあまり気に留めませんでしたが、健司は「世界で活躍したい」と練習に打ち込んでいきました。

 そんな僕の意識は健司の金メダル獲得で大きく変わることに。街で健司と間違われて声を掛けられた揚げ句、弟だと分かり「ちぇっ」と舌打ちされたことも一度や二度ではありませんでした。外出も嫌になる日々の中で、次第に「金メダリストの弟ではなく、次晴らしさを世の中に認めさせたい」という思いが湧き上がり、世界を目指そうと決意しました。しかし、自分のスタイルとは何なのか、簡単には見えてきません。結果が出なければ周囲も認めてはくれない。トップ選手たちの姿を間近で見るうち、地味でも基本練習こそが何よりも重要であり、その先で自身の限界を超えられたら「自分らしさ」が分かるかもしれないと思うようになっていきました。

日本のアドバンテージは
繊細な感性と技術力

 長野大会が近づき周囲の期待も高まっていたワールドカップでのこと。ジャンプのスタート台で経験したことのないプレッシャーを感じました。足がガクガクと震え、逃げ出したい気持ちに押しつぶされそうになったとき、生まれて初めて「ここで死んでもいいから1センチメートルでも遠くへ飛ぼう」という境地に。気づくと主要大会で自己初のK点(ジャンプ台の建築基準点)超えの大ジャンプを達成していました。その経験が自信につながり、日の丸を背負って出場した長野大会の団体戦でも実力を出し切れたのだと思います。団体戦では自分の少しのミスがチームの成績につながってしまいます。その強烈な緊張感の中でもいかに限界を超えられるか。団体戦入賞の瞬間、うれしさとともに自分の成長を実感できました。

 スキーもクルマもヨーロッパが発祥の文化で、日本は後発。スポーツでは体格差もあります。しかし日本人は美しさへの感性、技術力などあらゆるものに対して繊細で、器用さや勤勉さがある。他が追随できない個性でハンディを覆せる実力を持っています。大胆な発想を加えて挑み続ければ、世界をリードし続けることは十分可能だと信じています。

スカイライン

「ワインディングは小気味よく楽しみたい」「同乗者のいる高速走行はゆったりと」――。ドライバーの走りの好みやシーンに合わせて、最大96通りの走りが選べる「ドライブモードセレクター」も、スカイラインの挑戦の一つだ。

時代に流されない
雄大な稜線のように

 昔からアウトドアスポーツが生活の中心にあったので、クルマは道具の運搬や移動に欠かせませんでした。大会前の緊張や練習後の疲労の中で運転することも多く、ただ速いだけでなく、思い通りに動く瞬発力や操作性、使い勝手のいい室内なども僕がクルマに求める重要な要素。スカイラインは、僕の故郷である草津・芳ヶ平から眺めた限りなく広がる雄大な「稜線=SKYLINE」が命名の由来と聞いていたので特別な思い入れがあります。誕生以来、常に走りにこだわり、最新技術で世界に挑戦を続けてきたスカイラインの未来に期待しています。(荻原氏)
 1964年、外国車が圧倒的優位と言われた日本グランプリにおいて、優勝候補のポルシェを抜き日本中を熱狂の渦に。時を超えた現在、ステアリングの動きをデジタル信号でタイヤに送ることで、瞬時の操作性を生み出す革新的技術「ダイレクトアダプティブステアリング」を世界初搭載――。スカイラインは常に世界を驚かせ続けている。

※記事は2019年2月22日のものです。
ボディーカラー変更等最新の車両情報はこちら

荻原次晴氏

プロフィル荻原次晴氏(おぎわら・つぎはる)

1969年群馬県吾妻郡草津町生まれ。早稲田大学人間科学部卒業。双子の兄・健司氏とともにノルディック複合選手として頭角を現す。大学時代にナショナルチーム入りし、94年からワールドカップに参戦、95年世界選手権で団体金メダルを獲得。日本を代表する選手に成長し、98年念願の長野五輪に出場、個人6位、団体5位入賞。引退後はスポーツキャスターとしてメディアに多数出演、広くスポーツの普及活動にも取り組む。アウトドア活動の経験から「次晴登山部」を発足。ツアーを企画し日本百名山登頂を目指している。

あわせて読む

スカイライン