着映えで圧倒的な差がつく「麻布テーラー」のオーダースーツの魅力とは?

今だからこそ大事にしたい、勝負の日のスーツスタイル【麻布テーラー編】

ビジネススタイルのカジュアル化に加え、このコロナ禍により、最近スーツを着る機会が減ったという人もいるだろう。しかし男の装いを美しく見せたいのなら、スーツに勝るものはない。これからの時代のスーツはオン・オフとも、ここぞという場面で着用する“勝負服”としての役割をますます担ってくるとMEN’S EXは考える。

この連載では、スタイリスト・森岡 弘さんと、本誌でもお馴染みの俳優・前川泰之さんが、人気ブランド及びショップの新作をお題に、“勝負の日”に相応しいスタイルを考察。第2弾の今回は手間ひまかけたこだわりの仕立てとトレンドをおさえた絶妙な提案で昨今のオーダーブームを牽引する麻布テーラーのスーツをご紹介しよう。

商談やプレゼンでデキる男を主張する
モダンブリティッシュな3ピース

商談やプレゼンでデキる男を主張する モダンブリティッシュな3ピース

森岡:

オーダースーツをぐっと身近なものにしてくれた麻布テーラー。自分好みの生地やスタイルで体型にぴったりフィットした一着を仕立てられるのはもちろん、今シーズンの麻布テーラーは別注生地にも注目ですね。。

前川:

このスーツの生地はパッと見はネイビー無地に見えたんですが、じつは同系色でグレンチェック柄が入った技ありの生地ですね。

森岡:

これはロロ・ピアーナへの別注生地です。ネイビーのスリーピースは堅苦しい印象になりがちですが、さりげない柄や少し明るめの色調によりモダンで軽快な雰囲気に装えます。ちょっと遊び心のある生地ですが、自己表現という意味では今はこうした生地もありでは? チェンジポケットやラペル付きのベストなどトレンドの英国調ディテールを取り入れているのも魅力で、大切な商談やプレゼンのある日、これを着て現れたら「やるな」と思われますよ。

前川:

そういう勝負の日以外、たとえばプライベートでもこのスーツは着られますか?

森岡:

たとえばベストを抜いて、中をタートルとすれば奥様とお洒落なレストランで記念日ディナー、なんてシーンにも使えますよ。

前川:

なるほど。それもある意味で勝負の日ですもんね(笑)。俄然チャレンジしたくなりました。

型紙はヨーロピアンクラシックをコンセプトとした「コンチネンタルモデル」。ハリコシに優れた本バス芯をふんだんに用いた「サルトリア」仕立てと相まって、立体的で美しいシルエットを叶えている。

名門ロロ・ピアーナに別注したネイビーベースのチェック生地に加え、チェンジポケット、襟付きベスト、2インプリーツ、時計ポケットといった旬のディテールがブリティッシュなムードを盛り上げるのもいい。

適度にワイドなラペル幅ややや低めに設定されたウエストシェイプにより大人の落ち着きや威厳をしっかり感じさせるのも魅力だ。

スーツ15万4000円〈オーダー価格〉、シャツ1万5500円〈オーダー価格〉、タイ9500円、チーフ1500円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム)

見た目も着心地も軽快な
英国フランネル生地のスーツ

見た目も着心地も軽快な 英国フランネル生地のスーツ

前川:

このスーツ、見た目はきちんとしているのにびっくりするほど軽い着心地でした。

森岡:

最近の麻布テーラーで人気の高い「ライトコンフォート」仕立ての一着です。構築的なシルエットでありながら、何層も重ねなくてもハリを出せる特殊芯を肩から胸まで一枚で使うなど、徹底的な軽量仕立てで羽織るような着心地を実現しているんです。肩パッドも1mm厚と極薄。

前川:

使用するフランネル生地もかなりライトですね。

森岡:

英国の老舗、フォックス・ブラザーズへの別注生地です。本格的な重厚フランネルで有名なメーカーですが、これは現代の秋冬に適した厚みと重さにモダナイズしているんですね。

前川:

腰ポケットがカジュアルなパッチタイプで、見た目にも程よい軽快感があるのがいいですね。グレーのグレンチェックスーツって個人的におじさんぽいイメージがありましたが、これはまったくそう見えない。あと、このコーディネートも好きです。色合い的にはモノトーンでシャープにまとめているのに、丸襟のクレリックシャツとウールタイで柔らかさも感じさせる。

森岡:

クールでありながらどこか親しみやすい雰囲気がありますので、部下とのミーティング、あるいは女性クライアントとの会食がある日などにはぴったりだと思います。もちろんタートルやニットなどカジュアルダウンした装いもサマになりますよ。

オン・オフ兼用を意識した「ジェットクルーズモデル」に、英国フォックス・ブラザーズに別注した目付け290gのライトなフランネル生地を載せた一着。最近の麻布テーラーが得意とする「ライトコンフォート」仕立てにより、着用感は非常に軽快だ。

見た目はスリムながら、立体的なパターンにより各部に程よいゆとりが確保されているため運動性能も高く、アクティブなビジネスマンに好適だ。黒からグレーのモノトーンカラーのグレンチェックも手持ちのアイテムと合わせやすくていい。

スーツ15万4000円〈オーダー価格〉、シャツ1万5500円〈オーダー価格〉、タイ9500円、チーフ1500円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム)

落ち着いたグレイッシュなブラウンで
エレガントなシルエットが際立つ

落ち着いたグレイッシュなブラウンで エレガントなシルエットが際立つ

前川:

モデルの仕事では最近ブラウン系のスーツをよく着るんですが、プライベートではちょっと着にくいかなと感じていました。その点このスーツならボクでもトライできそう。色味がいいのかなぁ。

森岡:

杢糸によりベースのブラウンに濃淡があり、グレンチェック柄も入っているから全体的にちょっとグレイッシュなトーンになっているんですね。ブラウンはおじさんぽくなったり、カジュアル感を強めたりすることもありますが、これならどなたも着やすいはずです。

前川:

シルエットも綺麗です。細すぎず太すぎず、丁度いい塩梅。

森岡:

エレガントに決めたい日にはぴったりだと思います。色柄的にビジネスで着るには洒脱すぎると感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、写真のようにVゾーンを爽やかなブルーのトーンでまとめればぐっと上品にまとまります。ちなみにこのコーデの場合、足元は黒靴がおすすめ。今までなら茶靴を合わせたんですが、黒で引き締めるとより今季っぽく仕上がりますよ。

モダンクラシックをコンセプトとした麻布テーラーのスタンダードモデル「クラシコイタリア」に、スキャバルへの別注生地を載せたモデル。曲線を多用した柔らかなシルエットが、旬のブラウンをよりエレガントに見せている。本格的な「サルトリア」仕立てにより胸周りなどの立体感も完璧で、まさに大人の勝負スーツに相応しい仕上がりだ。

スーツ16万9000円〈オーダー価格〉、シャツ2万500円〈オーダー価格〉、タイ1万2000円、チーフ3500円/以上麻布テーラー(Y&Mプレスルーム)

お問い合わせ

  1. Y&Mプレスルーム
  2. TEL:03-3401-5788
  3. https://www.azabutailor.com

※表示価格は税抜き
撮影=池田佳史(BOIL) スタイリング=森岡 弘 文=吉田 巌(十万馬力)

<< スーツオブザイヤー 2020に戻る