NIKKEI宇宙プロジェクト

宇宙はもはや夢ではなく、ビジネスの熱い舞台に。
NIKKEI宇宙プロジェクトでは情報発信やイベントを通じて宇宙ビジネスの発展を後押しします。
困難を乗り越える挑戦心を伝え、宇宙に挑むすべての開拓者にエールを送ります。
「NIKKEI宇宙プロジェクト」始まっています。

  • ロゴ
  • ロゴ
  • ロゴ
  • ロゴ

NEW

宇宙ビジネス羅針盤 Vol.03 ダイバーシティー

宇宙ビジネスは、技術の進化や民間の参入加速により、めざましい発展を遂げています。
今後のさらなる成長の鍵を握るトピックを、シリーズで紹介していきます。

多様な人材 発展のけん引役に

宇宙産業の国内市場規模は10年後に約4兆円に達すると予想され、衛星や地上設備から観光、衣食住など、その裾野は確実に拡大しています。また必要な人材は、宇宙飛行士やエンジニアはもちろん、宇宙服デザイナーや天文台ガイド、宇宙関連企業の広報など多岐にわたります。

市場の裾野が広がってきたからこそ重要なのは「ダイバーシティー(多様性)」。宇宙産業では、過酷な宇宙環境を想定した新たな発想力や、月などへの長期滞在を想定した場合の女性ならではの視点など、理系文系隔てなく各分野を横断したアイデアを結び付ける必要があり、多様なグローバル人材が欠かせないといえます。

宇宙ビジネスが多様な人材を受け入れる鍵は教育にもあります。科学、技術、芸術などを横断的に学ぶSTEAM教育は、宇宙教育の観点からも注目されており、国や教育機関もグローバル人材の育成を推進しています。教育とダイバーシティーがつながることで、今後も持続的な宇宙産業の成長、発展に期待できます。

宇宙で活躍する多様な人材

FRONTLINE

「宇宙を身近な存在に」をテーマとした女性中心のコミュニティーが「コスモ女子」だ。女性が宇宙業界で活躍できる場を増やすことを目的に、2020年春に立ち上げられた。宇宙に関する専門的な勉強会や、第一線で活躍する宇宙プレーヤーを招いたイベントの開催など幅広く活動。宇宙に興味を持つ女性のキャリア形成や、ビジョンの実現を応援している。

コスモ女子 ロゴ

「コスモ女子」の活動について知ることができるオンラインイベント「meet up」は、
毎月第3月曜日に開催されている。
©株式会社Kanatta

CONTENTS

REPORT

利用促進へ新たな共創
日本橋から国際連携

2023年11月27日から12月1日までの5日間、東京・日本橋エリアでNIHONBASHI SPACE WEEK 2023が開催された。宇宙産業のオープンイノベーションを推進する一般社団法人クロスユーが主催する本イベントにはスタートアップを中心に国内外の宇宙プレーヤーが集まり、共創のための情報交換が行われた。

NIHONBASHI SPACE WEEK 2023
NIHONBASHI SPACE WEEK 2023 開催の様子

左から、一般社団法人日本航空宇宙工業会 会長 満岡次郎氏、駐日オーストラリア大使 ジャスティン・ヘイハースト氏、一般社団法人クロスユー 理事長 中須賀真一氏、宇宙航空研究開発機構(JAXA) 理事長 山川宏氏、三井不動産 代表取締役社長 植田俊氏

NIKKEI宇宙プロジェクトフォーラム

SDGs × 宇宙

~宇宙が教えてくれる社会課題解決~

宇宙から地球の課題解決
多様性と共創が成長導く

地球上の社会課題を解決し、持続可能で豊かな社会を実現するためには
宇宙の利活用が欠かせない。
2023年12月7日の「日経宇宙プロジェクトフォーラム」では、
SDGs達成に向けた宇宙ビジネスの挑戦を幅広く紹介。
宇宙ビジネスをさらに発展させるための要件となる
ダイバーシティーや教育・人材育成についても議論を繰り広げた。

SUPPORTER