髪ダメージも、暑さも癒やす爽快ヘアケア

2021.06.18

髪ダメージも、暑さも癒やす爽快ヘアケア

強力な紫外線に、ムシムシするような湿度の高さ、そして大気中の物質。髪にも何かと負担の多いシーズンだ。そんな難題をクリアして、心地よいヘア環境に導くシャンプーやトリートメント、スカルプケアなど、最新の機能性ヘアケアをご紹介。

デイリーケアでグラマラスな素髪へ

AQ リペア スムース シャンプー・AQ リペア スムース トリートメント コンディショナー、シャンプー・ヘア コンディショナー
左から、たっぷりの美容成分を搭載したエイジングケア発想のヘアケア。驚くほど濃密な泡でなめらかに洗い上げるシャンプーと、潤いで満たしてダメージを補修するトリートメント。洗う側から光沢とハリを実感。AQ リペア スムース シャンプー 250ml ¥3,850、AQ リペア スムース トリートメント コンディショナー 250g ¥4,400/コスメデコルテ(0120-763-325)
豊かな泡立ちで、スッキリと洗い上げるシャンプー、そして毛先まで潤いで包み込んでなめらかに整えるコンディショナー。無農薬栽培の希少なバラの香りも、リッチで贅沢な気分に浸らせてくれる。シャンプー 400ml ¥3,850、ヘア コンディショナー 400g ¥3,850/レ・メルヴェイユーズ ラデュレ(0120-818-727)

理想の質感を手に入れるなら

インヴァティ アドバンス エクスフォリエイティング シャンプー ライト、ユメドリーミン ツイ インテンシブ ヘアマスク
左から、髪と頭皮の健康をサポートするエイジングケアシャンプー。ハリ&コシのある髪と、健やかな頭皮環境へと導く。サラサラとエアリーな仕上がり感も極上の心地よさ。インヴァティ アドバンス エクスフォリエイティング シャンプー ライト 200ml ¥4,180/アヴェダ(お客様相談室 ☎︎0570-003-770)
ボタニカル×テクノロジーがもたらす効果で、パーマやカラーリングによるダメージ、細毛やコシのない髪を深部からキュア。指通りがよく、キューティクルの整った憧れの美髪を育んでくれる。ユメドリーミン ツイ インテンシブ ヘアマスク 160g ¥6,380(7月12日発売)/ツイギー(☎︎03-6434-0518)

一歩先ゆくスカルプケアで土台からヘルシーに

エクシア エキサイティング ヘッドマッサージ、薬用スカルプエッセンスSV
インバスの頭皮用マッサージトリートメント。温感から冷感へと変化する使用感も新鮮で、健やかなヘアサイクル、根本から元気な毛髪環境に整えてくれる。エクシア エキサイティング ヘッドマッサージ 180ml ¥6,600/アルビオン(0120-114-225)
トリフエキスと超熟紅参エキスからなる独自成分と薄毛や脱毛を防ぐ有効成分を配合。ハリ・コシのあるしなやかな髪を育むエッセンス。気分までリフレッシュするような使用感と潤い感も魅力。薬用スカルプエッセンスSV 200ml ¥6,600/メナード(お客様相談室0120-164601)

ダメージをリペアして、輝くヘアになる

ヘア リチュアル ザ クリーム、ヘアオイルミスト オンザビーチ/ガールマリッジ
髪ダメージの要因であるドライヤーやヘアアイロンの“熱”を利用。ボタニカルオイルや植物由来プロテインなどの成分で髪をリペアしながらケア。スタイリング剤として、また洗い流さないトリートメントとして活用度大! ヘア リチュアル ザ クリーム 230 150ml ¥10,230/シスレージャパン(☎︎03-5771-6217)
グリルドココナッツにバニラを合わせた甘い香りが、夏のビーチを思わせるオイルミスト。アサイーオイルやモリンガオイル、アルガンオイルなど植物由来成分、さらに毛髪補修成分がハリとコシを与えてくれる。ukaヘアオイルミスト オンザビーチ/ガールマリッジ 50ml ¥3,850(数量限定発売中)/ウカ トーキョー ヘッドオフィス(☎︎03-5843-0429)

香りのミストで、夏の髪を芳しく

ヘアミスト トーキョー、ヘアフレグランス
爽やかなクリアシトラスグリーンの香り。ホホバ種子油などの配合により、静電気や乾燥などの環境ダメージから夏の髪を守るミスト。ヘアミスト トーキョー 30ml ¥3,300(限定発売中)/サボンジャパン(0120-380-688)
果実やベルガモット、ジャスミンなど、地中海の太陽を思わせるジューシーでフレッシュな香調。清々しい香りで髪を包みこみ、たっぷりの椿オイルがコシのある美髪へと導く働きも。ヘアフレグランスIlio 30ml ¥6,930(限定発売中)/ディプティックジャパン(☎︎03-6450-5735)

Photo(header): Toshimasa Ohara(aosora)
Editor: Midori Kurihara

TOPヘ