選んだ色でわかる!ビジネス運のつかみ方

カラーセラピスト志村香織の開運ガイド【2021年7月】

2021.07.02

下の3つの抽象画のうち、今の気分に合うものはどれ? 直感で選んだ色には、その人の深層心理や才能、素質が隠れているもの。カラーセラピストの志村香織が、あなたが選んだアート別に、今月の仕事運を高めるヒントをアドバイスします。

  • A
    A
  • B
    B
  • C

Aを選んだあなた

これまで積み上げてきたことの結果が、何らかのかたちで見えてきたのかもしれません。その結果をもとに、評価できる点と改善すべき点を分析し、今後の作戦を立てることに力を入れたいとき。プロジェクトがスタートしたばかりの頃とは違い、想定外の出来事をも乗り越えてきた今のあなただからこそ、やれることがあるはずです。とはいえ、あまり気負わず、肩の力を抜くことが大事。あなた自身が楽しめるやり方で、本領をどんどん発揮していきましょう。

Bを選んだあなた

遊びや趣味がきっかけで仕事の気づきを得たり、仕事の現場で個人的な好奇心を満たせたりなど、仕事とプライベートの垣根を越えて、今の自分を豊かにしてくれるものとの出会いに恵まれるときです。普段なら忙しさを理由に断ってしまうようなお誘いも、今月はできるだけ乗ってみるのが吉。意外な人、モノ、場所との新しいご縁が、あなたが「本当に手に入れたかったもの」は何だったのか、そしてそれはどこにあるのかを、教えてくれるかもしれません。

Cを選んだあなた

現状に満足していないのであれば、そろそろ自分から動き始めましょう。次のステージで何を目指すべきか、また、どんな人たちと組むのがよいか、あなたの頭の中にはすでにイメージが浮かんでいるのでは? まずは、あなたのビジョンに共感してくれそうな人たちに、未来へのアイデアを話してみて。きっと興味深い情報やヒントがたくさん手に入るはず。それらは現実的に役に立つのみならず、あなたの勇気と情熱を後押しするエネルギーでもなるのです。

志村香織

カラーセラピスト、ライター、編集者。オーラソーマ®と占星術、数秘術などのプライベートサロン「drop’dee」主宰。色彩心理を活用し、人それぞれの隠れた才能や内なる輝きを引き出すメソッドを研究。個人セッションのほか、イベントや講演、執筆などを通して、毎日を軽やかに生きるヒントを提案している。日経電子版「SPIRE」では、エグゼクティブ・フィーチャー・エディターも務める。

三岳さや

抽象画家。多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。グラフィックデザイナー、ロゴデザイナー、ジュエリーデザイナーなど豊富なキャリアをもつ。2018年、抽象画家としての活動をスタート。心の中にある葛藤や喜び、愛など、言葉にならない、あるいは言葉では表現できない、感情の世界を描く。2021年8月、モナコのアートフェアに出展予定。10月には京都での個展も予定されている。

Artwork: Saya Mitake
Editor: Kaori Shimura

TOPヘ