選んだ色でわかる!ビジネス運のつかみ方

カラーセラピスト志村香織の開運ガイド【2021年9月】

2021.08.27

下の3つの抽象画のうち、今の気分に合うものはどれ? 直感で選んだ色には、その人の深層心理や才能、素質が隠れているもの。カラーセラピストの志村香織が、あなたが選んだアート別に、今月の仕事運を高めるヒントをアドバイスします。

  • A
    A
  • B
    B
  • C
    C

Aを選んだあなた

今月は、今何が起こっているのかを「多角的に見る」ことが仕事運のアップにつながりそう。例えば、その道のプロの意見だからといってすぐに鵜呑みにするのではなく、複数の専門家の見解を参考にする、あるいは、データの根拠を確認するなど、見方が偏らないように心がけて。また、できる限り自分自身の目で確かめて、一次情報を得ることも大事。インターネットの情報や口コミだけで判断するのではなく、ビジネスの現場に足を運んでみることにもきちんと手間をかけましょう。

Bを選んだあなた

効率やスケジュールを優先するあまり、相手の事情や胸のうちをうっかり軽視しないように留意するとよさそうです。何かがスムーズに動かないときは、必ず理由があります。なかなか進まないことへの苛立ちや不安を相手にぶつけたり、周囲に愚痴ったりするよりも、相手の話を引き出し、丁寧に耳を傾けることに集中したいものです。会議やプレゼンは、アイコンタクトやうなずき、話すテンポを相手に合わせるなど、相手への共感を態度で示すのが吉。オンラインミーティングの場合は特に意識して。

Cを選んだあなた

最近モチベーションが下がりがちなあなたは、初心に帰ることで情熱を取り戻せそう。今の仕事を通して何を実現したいのか、自分がどう成長したいのか、社会にどんなインパクトを与えたいのかなど、原点にある思いを見つめ直してみて。必要に応じて、目標を書き換えるのもよいでしょう。一方、やる気に満ちているあなたは、周囲への感謝を目に見える形で表現するといい時期。お礼のメールや手紙はいつもより丁寧に。ちょっとした手みやげやギフトも積極的に用意するとベターです。

志村香織

カラーセラピスト、ライター、編集者。オーラソーマ®と占星術、数秘術などのプライベートサロン「drop’dee」主宰。色彩心理を活用し、人それぞれの隠れた才能や内なる輝きを引き出すメソッドを研究。個人セッションのほか、イベントや講演、執筆などを通して、毎日を軽やかに生きるヒントを提案している。日経電子版「SPIRE」では、エグゼクティブ・フィーチャー・エディターも務める。

三岳さや

抽象画家。多摩美術大学美術学部デザイン科グラフィックデザイン専攻卒業。グラフィックデザイナー、ロゴデザイナー、ジュエリーデザイナーなど豊富なキャリアをもつ。2018年、抽象画家としての活動をスタート。心の中にある葛藤や喜び、愛など、言葉にならない、あるいは言葉では表現できない、感情の世界を描く。2021年8月、モナコのアートフェアに出展予定。10月には京都での個展も予定されている。

Artwork: Saya Mitake
Editor: Kaori Shimura

TOPヘ