新作から紐解くヒストリー
ブランド フォーカス 〜フェンディ〜

BRAND FOCUS vol.1

2021.05.28

FENDI
フェンディ

FENDI
持つだけで、気分がポジティブに。右上から時計まわり バッグ「バゲット 1997(スモール)」(H11×W19.5×D5cm)¥253,000 バッグ「サンシャイン ショッパー(ミディアム)」(H31×W35×D17cm)¥366,300 バッグ「バゲット」(H15×W27×D6cm)¥327,000 スマートフォンケース(H17×W10.5×D1cm)¥121,000/以上フェンディ(フェンディ ジャパン☎︎03-3514-6187)

PART1 ヒネリが利いた「FFヴァーティゴ」

この夏、フェンディに登場する新作カプセルコレクション「FF ヴァーティゴ(FF Vertigo)」は、とにかく楽しい。心が弾む。元気になる。いま、まさに欲している気分にぴたりとくる。鮮やかなミモザイエローと目が覚めるようなサイバーブルーを基調に、よく見ると、フェンディのアイコンであるFFロゴが、Vertigo(めまいの意)の如く、ぐわんと歪曲している。昨年のデザインマイアミでフェンディが組んだコラボレーションのお相手、N.Yベースの気鋭ビジュアルアーティスト、サラ・コールマンのしゃれた仕業だ。サラ・コールマンといえば、ハイブランドのアイコニックな素材を、椅子やライターといった日用品に貼り替え再利用するアイロニックなアート活動で話題の人物。そんな彼女に白羽の矢を立てたフェンディのアーティスティック ディレクター、シルヴィア・フェンディの先進性と、ある意味、懐の深さに改めて脱帽する。両者を繋げ、自由で伸び伸びとした創作に駆り立てるのは、互いに秘めたクラフツマンシップへの情熱だ。「バゲット」や「ピーカブー」などヒットバッグにはもちろん、アウトドアムード満載のレディス&メンズウェアや小物にも、サイケデリックな「FF ヴァーティゴ」をオン。また、ビンテージ風のポラロイドカメラ(fendi.comで限定販売)やアレッシィとのコラボによるお弁当箱、イタリアのキャンプ用品専門メーカー、フェリーノがプロデュースするテントまで登場。各ジャンルの一流どころと組む徹底ぶりだ。伝統的なFFロゴに遊び心とヒネリを利かせた「FF ヴァーティゴ」で、またもや驚かせてくれたフェンディ。次に、そのブランドの歴史を紐解いてみる。

「ショッピング バッグ」
タバコブラウンのジャカード生地のバージョンもラインナップ。バッグ「ショッピング バッグ」(H35×W41×D19cm)¥231,000/フェンディ(フェンディ ジャパン☎︎03-3514-6187)
「ピーカブー アイシーユー ミディアム」
暗がりで光るよう特別処理を施したナッパレザーを採用。バッグ「ピーカブー アイシーユー ミディアム」(H25.5×W33.5×D13cm)¥691,900/フェンディ(フェンディ ジャパン☎︎03-3514-6187)

PART2 フェンディ、その歴史を辿る

エドアルドとアデーレ・フェンディ夫妻が、イタリア・ローマに創業したのは1926年。ファーの工房を併設した皮革小物店が出発点だ。ローマの馬具職人から受け継いだ伝統技法のステッチを、手で一針一針施したバッグ「セレリア」が1932年に誕生し、瞬く間に“傑作”として評判になる。そこからの躍進を語る上で欠かせないのが、フェンディ夫妻の5人の娘たちと、当時、新進のデザイナーであったカール・ラガーフェルドの存在だ。

「セレリア」
1932年に撮影されたフェンディの「セレリア」。クオイオ ローマという柔らかな上質グレインレザーに、ハンドステッチがなんとも味わい深い。かっちりとした硬いバッグが当たり前だった時代に、このしなやかさは革新的。

娘たちの豊かなアイディアと両親譲りの物作りへの情熱、そしてカールのほとばしる才能が結集し、革命ともいえるモードを次々と打ち出していく。重くて古いイメージにとどまっていたファーを、軽くて機能的に、日常で着るファーファッションへと昇華させショーも発表。今現在もフェンディのシグネチャーでもあり、ブランドスピリットの根幹ともいえる“FUN FUR”を意味する「FF」ロゴを考案。フェンディの美意識は幅広いアイテムに続々と反映され、ローマ発、世界的なラグジュアリーブランドへと成長を遂げていく。

FENDI
1967―68年の秋冬広告キャンペーンのビジュアル。クラシカル一辺倒であったファーを、スポーティなジップアップブルゾンに仕立てた斬新なアプローチ。右の少女は、現アーティスティック・ディレクターのシルヴィア・フェンディの幼き頃。

そして、90年代初頭、5人姉妹のアンナ・フェンディの娘、シルヴィア・フェンディが3代目として事業に参画。1997年には、バゲット(フランスパン)のように小脇に抱える大ヒットバッグ「バゲット」、そして2009年には「ピーカブー」など、世の女性たちを虜にするイットアイテムを次々と生み出し、品質と創造性、両面において“メイド・イン・イタリア”の真骨頂を体現。フェンディを成功へ導いたもの。それは、ファミリーや職人たち、受け継がれる伝統を大事にし、国境や世代を超えたあらゆる才能との先駆的なコラボレーションも楽しむ姿勢。まさに、ブランドの根底に息づく、“FUN FUR”のスピリットといえるだろう。

「バゲット」
1997年に発表されたバッグ「バゲット」。今までに数千以上のデザインバリエーションがあり、コレクター魂をそそるのも魅力のひとつ。こちらはミラー刺しゅうがカラフルな糸で施されたフォークロアタッチの逸品。
シルヴィア・フェンディ(左)と故カール・ラガーフェルド(右)
ショールームでのシルヴィア・フェンディ(左)と故カール・ラガーフェルド(右)。54年に及ぶコラボレーション関係は、ファッション業界の歴史においても最長。仕事仲間でありながら、真の友情と深い絆で結ばれていた証。
キム・ジョーンズ
フェンディのウィメンズのアーティスティック ディレクターに就任した、キム・ジョーンズ。2021年春夏のオートクチュールで、ヴァージニア・ウルフの小説『オーランドー』をテーマとしたデビューコレクションを発表。

※この特集中、以下の表記は略号になります。H(高さ)、W(幅)、D(マチ)
※掲載商品の価格は、すべて税込み価格です。

Photo: ASA SATO
Editor: MAIKO HAMANO

TOPヘ