今年顔の春コート厳選8点

2022.02.04

春を感じたら、真冬に着ていたアウターの出番は終わり。いち早く、軽やかな印象のコートにシフトするのがおしゃれの常識。色や柄、シルエットやディテールに今年らしさを感じさせる、春先に着るべきおすすめコート8着をご紹介。

LORO PIANA

LORO PIANA
ふんわりと春の風を運んでくれるようなイエローが目を引く極上のダブルフェイスカシミアによるコート「Emilien」。研ぎ澄まされたカッティングとシルエット、レザーでくるまれたバックルなどディテールのすみずみまで洗練が宿る名品。コート¥809,600/ロロ・ピアーナ(ロロ・ピアーナ ジャパン ☎03-5579-5182)

BURBERRY

BURBERRY
クラシカルな「ウォータールー」フィットのトレンチコートは、チェックを大胆に配したダークバーチブラウンが、新鮮に映る主役級の一着。白いステッチワークが施されたパネルが、表情をきりりとシャープに引き締めてくれる。コート¥396,000(予定価格)/バーバリー(バーバリー・ジャパン ☎0066-33-812819)

MAX MARA

MAX MARA
春先からレインシーズンまで活躍する、撥水加工が施されたテクニカル コットン トレンチコートは、ボンディングによる軽やかなハリ感が美シルエットを叶えてくれる。鮮やかなイエローのライニングが、着脱時に春気分をもたらして。コート¥187,000/マックスマーラ ザ・キューブ(マックスマーラ ジャパン ☎0120-030-535)

MACKINTOSH

MACKINTOSH
マッキントッシュ特有のゴム引き素材のハリ感と絶妙なオーバーサイズシルエットが見事に融合。“メープルシュガー”と名付けられた優しいピンクベージュに、折り返した袖口のブラックのラインがモードなワンポイントに。コート¥176,000/マッキントッシュ(マッキントッシュ青山店 ☎03-6418-5711)

HERNO

HERNO
撥水加工が施されたコットンギャバジンのダブルブレストコートは、程よいシルエットとレングスが春先から活躍必至の一着。付属のシルクモノグラムスカーフは、ネックまわりに巻くのはもちろん、フクシアピンクをアクセントカラーにスカーフベルトとして結ぶのもおすすめ。コート¥192,500/ヘルノ(ヘルノ・ジャパン ☎03-6427-3424)

JOSEPH STUDIO

JOSEPH STUDIO
ナイロンツイル地のブラックコートは、比翼仕立てのすっきりしたフロントに、大きめのフラップポケットやベルトに施されたポケットがちょっぴりワーク感を演出する一着。ベルトなしで前をオープンにして、さらりと一枚羽織ってもスタイリッシュな立ち姿を約束。コート¥49,500/ジョゼフ ストゥディオ(オンワード樫山 お客様相談室 ☎03-5476-5811)

ESTNATION

ESTNATION
しっとりとした落ち感のあるコットンによる、ゆったりとしたオーバーサイズめのシルエットが今年顔のトレンチコート。サイドに施されたフラップポケットのスリットから、腕を出してポンチョ風に着れば、リラックスしたこなれ感も演出できる。コート¥148,500/エストネーション(エストネーション ☎0120-503-971)

AURALEE

AURALEE
高密度に織り上げたコットンを二重織りにしたファブリックが、ほのかな光沢感を放つライトピンクのコート。ボタンレスなので、さらりと羽織るだけですっきりとクリーンな印象を醸し出す一着。柔らかな風合いを残したハンドソーン(手縫い製)であることも軽やかな仕上がりの理由。コート¥132,000/オーラリー(☎03-6427-7141)

※掲載商品は、すべて税込価格です。

Photos: Asa Sato
Styling: Eriko Moriso
Editor: Maiko Hamano

TOPヘ