リゾート気分へといざなうサマースタイル10選

2022.06.24

ようやく夏旅へのプランニングが始まる時期が到来! ワンショルダードレス、チュニックドレス、花柄パンツ、プリントセットアップ、フォトTなど、今季新たに投入したいアイテムを基軸に、リゾート向けのコーディネートをご紹介。酷暑を涼しく乗り切るための強い味方、おしゃれな夏小物も必見!

ワンショルダードレス
Style1

ワンショルダードレスStyle1
日焼けした肌に映える夏らしいカラーブロッキングがモダンなワンショルダードレス。ローズプリントのファブリックテープをつなぎ合わせたバケットハットや、レザーメッシュのバッグがリゾート気分へと誘って。プールで泳ぐ女性が描かれたスイムウェアにも視線集中。ドレス¥121,000 帽子¥39,600 ショルダーバッグ¥103,400 サンダル¥56,100 スウィムウエア¥37,400/以上トリー バーチ(トリー バーチ ジャパン 0120-705-710)

ワンショルダードレス
Style2

ワンショルダードレスStyle2
素肌に心地良いコットンポプリン地のライラックカラーのドレスは、肩から流れるフリルディテールがポイント。涼しげなネックレスの重ね付けやラフィアのメッシュバッグ、ナッパレザーを編み込んだサンダルとも好相性。ピンクのグログランリボンがかわいいクラシックなボーターハットでスタイリングを引き締めて。ドレス¥39,600/バード アンド ノル ☎03-6438-0178 帽子¥35,200/ヘレンカミンスキー(ヘレンカミンスキー ギンザシックス店 ☎03-6264-5573) ネックレス(コーラル&パール)¥14,850 ネックレス(ゴールドチェーン)¥12,760/共にジェンマ アルス(CPR TOKYO ☎03-6438-0178) ラフィアバッグ¥53,500/アニタ ビラルディ(CPR TOKYO ☎03-6438-0178) サンダル¥123,200/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン ☎03-3403-5564)

チュニックドレス
Style1

チュニックドレスStyle1
グリーン&ホワイトのストライプに、揺れるポンポンディテールがプレーフルな一着。ホワイトレザーとの組み合わせによってカジュアルすぎないウィッカー(枝編み細工)バッグと、ツイストリボンが愛らしいフラットサンダルで品の良いリゾートスタイルが完成。ドレス¥68,200 ピアス¥17,600 バッグ「グレイシー ウィッカー ミディアムトップハンドル」(ショルダーストラップ付き)¥66,000 フォンケース¥7,700 サンダル¥16,500/以上ケイト・スペード ニューヨーク(ケイト・スペード カスタマーサービス ☎050-5578-9152)

チュニックドレス
Style2

チュニックドレスStyle2
イタリアで1939年に創業した名門シャツメーカー、バグッタのチュニックドレスは、その心地良い素材の風合いとベージュ×淡いピスタチオグリーンの配色が絶妙。帽子デザイナー、シノナグモが今季から手がける新ブランド、エントワフェインのストローハットはシックなベージュをチョイス。収納力抜群のラフィアブレードのバッグや、歩きやすいウェッジソールサンダルをコーディネート。淡水パールのネックレスも涼しげなアクセントに。ドレス¥49,500/バグッタ(トレメッツォ ☎03-5464-1158) 帽子¥35,200/エントワフェイン ☎03-6821-1952 ネックレス¥132,000/ミラモア(ミラモア ファイン ジュエリー ☎03-5738-7803) バッグ¥44,000/ヘレンカミンスキー(ヘレンカミンスキー ギンザシックス店 ☎03-6264-5573) サンダル¥108,900/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス ☎0570-016600)

花柄パンツ
Style1

花柄パンツStyle1
かれんなデイジーが全身に咲いたオールインワンは、ベースがブラックなのでシックなリゾートスタイルにぴったりの一着。アイレットレースのシャツをさらりと羽織れば、肌の露出への抵抗感もゼロ。プリントとリンクするビビッドなイエロー小物を投入し、サングラスは夏らしいクリアフレームをオン。オールインワン¥104,500 ブラウス¥62,700(参考価格)/共にエムエスジーエム(アオイ ☎03-3239-0341) サングラス¥41,800/アイヴァン(アイヴァン 東京ギャラリー ☎03-3409-1972) バッグ「MIRO」¥19,800/ヴィオラドーロ(エストネーション 0120-503-971) サンダル¥108,900/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス ☎0570-016600)

花柄パンツ
Style2

花柄パンツStyle2
1940~70年代のヴィンテージスカーフから着想を得たプリントがちょっぴりレトロなドロストパンツを主役に。涼しげなトップスは透け感を狙って、イエローのリブタンクとレイヤード。バッグは、収納力抜群のうえ大きなレザーポーチが付属のキャンバストートが重宝。シアーリボンブラウス¥28,600 リブタンクトップ¥9,900/共にエストネーション パンツ¥31,900/マニプリ イヤリング¥14,300/ソフィア 203 サンダル¥42,900/ロシャス(以上エストネーション 0120-503-971) バッグ「マルチェッラ」¥42,900/ジャンニ キアリーニ(ジャンニ キアリーニ 銀座店 ☎03-3573-7600)

プリントセットアップ
Style1

プリントセットアップStyle1
ちょっぴりプリミティブな幾何学プリントのセットアップは、上下共にリバーシブル仕様。もう一方は、同系色の植物柄なので、上下をあえて柄違いで着用しても調和する。ロゴが施された透明のプレキシ素材のトートバッグは、オンオフ問わず活躍必至。足元は、素足に気持ちのいい上質なエスパドリーユを。トップス¥50,600 パンツ¥75,900 ネックレス¥33,000/以上エス マックスマーラ(マックスマーラ ジャパン 0120-030-535) サングラス¥49,500 トートバッグ(ショルダーストラップ付き)¥273,900 バングル各¥63,800 シューズ¥70,400/以上ジミー チュウ 0120-013-700)

プリントセットアップ
Style2

プリントセットアップStyle2
ペイントアートのようなプリントがインパクトたっぷりのセットアップは、清涼感のあるブルーのバッグとブラックサンダルでスタイリングを引き締めて。アクセサリーは、その鮮やかな透明感が魅力の大振りクリスタルで、まばゆい輝きを放って。シャツ¥73,700 パンツ¥77,000 バッグ¥62,700 サンダル¥77,000/以上3.1 フィリップ リム(3.1 フィリップ リム ジャパン ☎03-5962-7061) イヤリング¥47,300 リング¥59,400/共にスワロフスキー・ジュエリー(スワロフスキー・ジャパン 0120-10-8700)

フォトT
Style1

フォトTStyle1
“ORANGE SMOKE“と題されたフォトプリントをあしらったボックスシルエットのTシャツに、マルチカラーのフラワープリントスカートをコーディネート。保冷機能のあるステンレス製ウォーターボトルは、これからのシーズンのマストハブ・アイテム。足元は、キャンディピンクのサンダルでポップに仕上げて。Tシャツ¥24,200 スカート¥121,000 ウォーターボトル¥8,800/以上プラン シー(パラグラフ ☎03-5734-1247) コットンメッシュバッグ¥37,290/ナヌーシュカ(ヒラオインク ☎03-5771-8809) サンダル¥97,900/ジミー チュウ 0120-013-700

フォトT
Style2

フォトTStyle2
フォトグラファーyOU氏の作品をプリントしたフォトTに、エスニックなプリントスカートやビーズ刺繍のバッグをコーディネイトすることで、旅心がより一層刺激されて。足元は、ビーガン素材であるクロムフリーレザーのスニーカーを。肌触りのいいリネンカシミアのストールは、冷房対策としても必須。Tシャツ¥9,900/スリードッツ(スリードッツ青山店 ☎03-6805-1704) ストール¥39,600/チェザーレ ガッティ(room3138 ☎03-6809-2113) スカート¥24,200 バッグ¥22,000/共にサラ マリカ(パサンド バイ ヌキテパ ☎03-6427-9945) サングラス¥39,600/モスコット(モスコット トウキョウ ☎03-6434-1070) スニーカー¥25,410/ヴェジャ(シードコーポレーション ☎03-6709-9662)

※掲載商品は、すべて税込価格です。

Photos: Asa Sato
Stylist: Eriko Moriso
Editor: Maiko Hamano

TOPヘ