1932年の伝説が再び。パリを席巻した輝き

「シャネル」ハイジュエリー、90年の物語 vol.3

2022.08.19

1932年の伝説が再び。パリを席巻した輝き

Photos: ©CHANEL

舞台は、7月のオートクチュールウィークに華やぐパリ。シャネルは、1932年にマドモアゼル シャネルが手がけた生涯唯一のハイジュエリー コレクションにオマージュを捧げる新作、「コレクション 1932」を一挙公開した。シャネルのハイジュエリーをめぐる連載第3回目となる本記事。伝説の誕生から90周年を祝う貴重なイベント会場動画と、女優マリオン コティヤールが最新ピースをまとって登場したディナーパーティーでの話題をリポートしよう。

パリ・グランパレ エフェメラルに特設されたイベント会場。マドモアゼルの世界観を再現した空間と、独創的クリエーションをとらえたスペシャル動画は必見。Movie: ©CHANEL

復刻版ジュエリーも展示された一大スペクタクル

動画をご覧になれば、新作ハイジュエリー「コレクション 1932」の発表会がいかに壮大なスケールで、かつどれほどドラマティックに行われたのか、一目瞭然だろう。会場に選ばれたのは、エッフェル塔のふもとにそびえる巨大な木造建築、グランパレ エフェメラル。メゾンらしい黒と白のコントラストに包まれたイベント会場に、シャネルはふたつの空間を設えた。

最初の空間は、マドモアゼルによる神話的ハイジュエリー コレクション「Bijoux de Diamants(ダイヤモンド ジュエリー)」発表の場である、フォーブル サントノーレ 29番地のマドモアゼルの私邸をイメージ。1932年の招待状を再現したエントランスが出迎える場所に、コメットのネックレスやブローチなど、彼女がかつてデザインしたジュエリーの復刻版が展示された。経済危機の只中、宝飾界に衝撃をもたらした「Bijoux de Diamants」展覧会の模様を報道する当時の新聞記事もディスプレーされ、歴史的クリエーションのルーツをたどった。

続くふたつ目の空間は、星々をちりばめた夜空が広がる円形のスペース。そこには、新たなハイジュエリー「コレクション 1932」の70点を超えるフルラインナップが飾られ、幻想的な世界の中でダイヤモンドやカラージェムストーンの数々が、銀河のごとく圧巻のきらめきを放った。

シャネルのアンバサダーである女優マリオン コティヤールがイベントに登場。
シャネルのアンバサダーである女優マリオン コティヤールがイベントに登場。太陽モチーフをあしらった象徴的ネックレスが、彼女のデコルテにダイヤモンドのシャワーを注ぐ。

マリオン コティヤールを輝かせる類いまれな光彩

「Bijoux de Diamants」の発表から90周年のアニバーサリーと、新作コレクションの誕生を祝して開催されたディナーパーティーには、女優マリオン コティヤールの姿も。ブラックドレスの胸元に新作シグネチャーピースのひとつ「ソレイユ 19 ウット」ネックレスを、指先には彗星をかたどった「コメット アンフィニ」リングを。天体モチーフとその光にインスピレーションを得た至高のハイジュエリーが、マリオン自身の輝きを照らし出した。

「ソレイユ 19 ウット」ネックレス 「コメット アンフィニ」リング
マリオン コティヤールが着用した2点。左から、「ソレイユ 19 ウット」ネックレス(WG×YG×イエローダイヤモンド×ダイヤモンド)¥607,530,000(参考価格) 「コメット アンフィニ」リング(WG×YG×イエローダイヤモンド×ダイヤモンド)¥84,480,000(参考価格)Photos: ©CHANEL

かつてマドモアゼルは言った。“私は、頭上にあるものすべてが好き。空も月も。そして、私は星の力を信じている”──新作ハイジュエリー「コレクション 1932」は、マドモアゼルのビジョンの延長線上で瞬きながら、まとうひとを光り輝く星座のように包み込む。90年の時を超えて、マドモアゼルから現代をしなやかに生きる女性たちへ、特別な贈り物が届いた。

問い合わせ先/シャネル(カスタマーケア)TEL:0120-525-519

※この特集中、以下の表記は略号になります。WG(ホワイトゴールド)、YG(イエローゴールド)
※掲載商品の価格は、すべて税込・参考価格です。

Text: Etsuko Aiko
Editor: Maiko Hamano

TOPヘ