装いが秋めく巻き物スタイリング術

2022.10.21

しっかりとした冬物ロングコートでは重く、ちょっとしたアウターでは少し肌寒い。
そんな季節には、スカーフやストールといった巻き物を投入。顔や首に触れるアイテムだからこそ、タイムレスに活躍する上質な一枚を手に入れて。

繊細なコットンリバーレースのワンピースに、カシミアリバージャケットをオン。
繊細なコットンリバーレースのワンピースに、カシミアリバージャケットをオン。グレーの濃淡に相性のいいスモーキーなブルーのシルクストールを、顔をうずめるようにボリュームをもたせてくるくるとラフに巻くことで、ドレッシーさを軽減。足元は、リボンディテールが輝くブーティでスタイリングを引き締めて。ワンピース¥176,000 ジャケット¥231,000 ストール¥64,900/以上エブール(エブール GINZA SIX店 ☎03-6274-6915) ブーツ¥177,100/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン ☎03-3403-5564)
今季のマストハブ、ツイードセットアップは、その表情豊かな風合いとエッジのフリンジディテールがポイント。
今季のマストハブ、ツイードセットアップは、その表情豊かな風合いとエッジのフリンジディテールがポイント。ツイードに編まれた糸の中の一色、ニュアンスのあるライトグレーをストールで投入すれば難なくマッチ。優しい肌触りと軽やかさはカシミアならでは。足元はバーガンディ色のオーヴァルトゥのストレッチショートブーツを合わせて。ジャケット¥61,600 スカート¥35,200/共にマルティニーク 色別注ストール¥46,200/ASAUCE MELER バッグ¥38,500/OSOI(すべてマルティニーク ルコント ルミネ有楽町 ☎03-5222-1758) ブーツ¥36,300/カルチェグラム(デュプレックス ☎03-5789-3109)
上質Tシャツにテーラードジャケット、きれいめのデニムパンツを、ちょっとした仕事着に格上げするには小物の力を借りて。
上質Tシャツにテーラードジャケット、きれいめのデニムパンツを、ちょっとした仕事着に格上げするには小物の力を借りて。まずは、シックな配色のシルキー素材のスカーフを小さく首元に巻き、バッグを明るめのライトグレーにするのも垢抜けポイント。足元は、爪先がのぞく程度なのでメタリックゴールドで仕上げるのが正解。ジャケット¥60,500 Tシャツ¥15,400 デニムパンツ¥26,400/以上セオリーリュクス スカーフ¥26,400/エネス バッグ¥38,500/ジャンニ ノタロ(すべてセオリーリュクス ☎03-6865-0206) シューズ¥140,800/ジャンヴィト ロッシ(ジャンヴィト ロッシ ジャパン ☎03-3403-5564)
本来メンズ風な素材であるウールのシャークスキンを、胸元の切り替えによるフレアシルエットやボリューム袖によって、クチュールライクな印象に昇華させたセットアップ。
本来メンズ風な素材であるウールのシャークスキンを、胸元の切り替えによるフレアシルエットやボリューム袖によって、クチュールライクな印象に昇華させたセットアップ。首元には、パステルカラーのシルクスカーフをタイ風に結び、素材のマニッシュさを和らげて。足元は、ヌーディカラーにメタルがアクセントとなったポインテッドトゥでフェミニンさをプラス。トップス¥99,000 クロップトパンツ¥77,000 シルクスカーフ¥42,900/以上ブラミンク ☎03-5774-9899 シューズ¥113,300/セルジオ ロッシ(セルジオ ロッシ カスタマーサービス ☎0570-016600)
放射状ストライプに編まれたドルマンスリーブのトップスとプリーツスカートは、1953年にイタリアで創業した高級テキスタイルメーカー、アニオナならではのシルクウールニットの上質感が、素肌にさらりと心地よい。
放射状ストライプに編まれたドルマンスリーブのトップスとプリーツスカートは、1953年にイタリアで創業した高級テキスタイルメーカー、アニオナならではのシルクウールニットの上質感が、素肌にさらりと心地よい。カシミアシルクの艶感が上品なベージュのストールはまさに一生モノ。足元はチェーン使いがアクセントのブーツで輝きを添えて。ニット¥183,700 スカート¥196,900 ストール¥174,900/以上アニオナ ブーツ¥71,500/マレーラ(すべて三喜商事 ☎03-3470-8233)
深いパープルのポンチョ&パンツのセットアップは、グレーのタートルニットと大判のカシミア100%のチェック柄ストールを合わせてスクールっぽいムードに仕上げて。
深いパープルのポンチョ&パンツのセットアップは、グレーのタートルニットと大判のカシミア100%のチェック柄ストールを合わせてスクールっぽいムードに仕上げて。パンツのクロップド丈に合わせて靴はレースアップでマニッシュに。バッグはバーガンディ色のヴィーガンレザー製筒型バッグが好相性。ポンチョ¥125,400 パンツ¥83,600 タートルニット¥44,000/ドゥロワー(ドゥロワー 青山店 ☎03-5464-0266) ストール¥68,200/JOSHUA ELLIS シューズ¥116,600/GIANVITO ROSSI(共にドゥロワー 六本木店 ☎03-5786-4844) バッグ「AELLO」¥16,500/アンドミューク(アマン ☎03-6805-0527)
爽やかなペパーミントグリーンのハイネックニットに、2タックのホワイトパンツといった淡い色調を秋らしく装うには、華やかな柄行きとカラリングの130cm四方大判シルクスカーフで肩を覆うようにあしらって視線を顔回りへ集中させて。
爽やかなペパーミントグリーンのハイネックニットに、2タックのホワイトパンツといった淡い色調を秋らしく装うには、華やかな柄行きとカラリングの130cm四方大判シルクスカーフで肩を覆うようにあしらって視線を顔回りへ集中させて。バッグ&シューズはコンパクトな分量でブラックを選ぶとスタイリングがきゅっと引き締まって。ニット¥30,800 パンツ¥33,000 シューズ¥31,900/以上デ・プレ スカーフ¥31,900/アネ(共にデ・プレ 0120-983-533) バッグ¥31,900/ヴァジック(トゥモローランド 0120-983-511)
バルーンスリーブのシンプルなニットワンピースには、アクセントとしてマルチカラーのチェックが楽しげなストールをぐるぐる巻きに。
バルーンスリーブのシンプルなニットワンピースには、アクセントとしてマルチカラーのチェックが楽しげなストールをぐるぐる巻きに。ふんわりと軽やかな風合いが一度触れるととりこになってしまうファリエロ・サルティのカシミアウールシルク混のストールならばボリュームが出過ぎずおすすめ。足元はブーツで重めに仕上げるのが今季のルール。ワンピース¥53,900/ラシュモン(アペリア ☎03-6876-2655) ストール¥55,000/ファリエロ・サルティ(アッシュ・ペー・フランス) シューズ¥97,900/ペリーコ(アマン ☎03-6418-5889)
まろやかなイエローニットに、ライトグレーのボックスタイトといった、淡い2色をまとめるのが同系色のチェックパターンを配したヴァージンウールの大判ストール。
まろやかなイエローニットに、ライトグレーのボックスタイトといった、淡い2色をまとめるのが同系色のチェックパターンを配したヴァージンウールの大判ストール。1892年イタリア・ミラノに創業の老舗アルテアの絶妙な配色の一枚は、ぬくもり度も満点。バッグ&シューズは、色をまとめすぎずあえて外すのが正解。ニット¥49,500/SAYAKA DAVIS(ショールーム セッション ☎03-5464-9975) スカート¥74,800/ドゥロワー(ドゥロワー 青山店 ☎03-5464-0266) ストール¥41,000(参考価格)/アルテア(アマン ☎03-6805-0527) 「マイクロアルファ ヴィル バッグ」¥111,000 「トレック コメット スニーカー」¥84,700/共にピエール アルディ(ピエール アルディ 東京 ☎03-6712-6809)

※掲載商品は、すべて税込価格です。尚、価格は取材時のもので、変更する場合がありますのでご了承ください。

Photos: Asa Sato
Styling: Chiaki Furuta
Editor: Maiko Hamano

TOPヘ