美しき“時”の祝宴
「フランク ミュラー ウエディング」の世界

2021.05.28

美しき“時”の祝宴「フランク ミュラー ウエディング」の世界

複雑時計の頂点を極め、天才時計師の名をほしいままにしてきたフランク ミュラー。そんなスイスの名門ウォッチメゾンが日本国内のラグジュアリーホテルと提携し、「時」をテーマにした特別な結婚式をプロデュースしていることをご存知だろうか。アイコニックなビザン数字を用いた演出をはじめ、ブランドの気高き美意識を受け継ぐウエディングセレモニー&パーティは、とびきりラグジュアリーでオリジナリティ満載。時の魔術師フランク ミュラーが叶える、唯一無二のスタイリッシュ・ウエディングをご案内。

メニューカード
洗練に包まれたフランク ミュラーの世界観とシンクロする、華麗なる祝宴のはじまり。メニューカードにもロゴがプリントされ、ゲストの期待感も高まるばかり。

時の哲学者は、贅を尽くしたパーティの達人!?

1958年、スイス高級時計産業の聖地ラ・ショー・ド・フォンに生まれたフランク ミュラー。幼い頃より時計づくりに目覚め、ジュネーブ時計学校時代から天才ぶりを示す。独立時計師として、1980年代後半からはトゥールビヨンなどの複雑機構を搭載した腕時計を製作し、「世界初」の記録を次々に樹立。1992年のブランド設立以後も、ウォッチメイキングの常識を覆す芸術的モデルを世に送り出してきた。

その研ぎ澄まされた感性は、本拠地ジュネーブで毎年開催される新作発表時のパーティでも発揮されてきた。世界の名だたるセレブリティを顧客に持つフランク ミュラーは、主催するパーティの華やかさも随一。趣向を凝らしたイベントが繰り広げられ、真のリュクスを知る人々の間でも一目置かれる存在に。

そんな至高の美学をちりばめたウエディングを日本でも実現できるのが、注目の「フランク ミュラー ウエディング」。スペシャルなウエディングプランの全貌をご紹介しよう。

オリジナルプレートやグラス
腕時計の文字盤に美的価値と視認性を両立させた、フランク ミュラー独自のビザン数字。流れるように優美な数字をあしらったオリジナルプレートやグラスに特別感が満ちて。

“時”に祝福された、ふたりが主役のラブストーリー

出会いの日、思いを確かめ合ったプロポーズの日、そして永遠の愛を誓う結婚の日。愛するふたりの記憶には特別な「日付」、つまり数字が存在するもの。かけがえのない時間を重ねてきたふたりの新しい「時」を祝福する思いが、「フランク ミュラー ウエディング」の原点にある。高級感と特別感にあふれる演出の鍵を握るのは、ブランドが大切にしてきた「時」のシンボルであり、時計の文字盤を踊るビザン数字だ。

プレートからシャンパン&ワイングラス、キャンドルタワーまで、アイキャッチーなビザン数字が会場全体を印象的にデコレート。ふたりにとって特別な数字も、人生で最も幸せな瞬間を彩る装飾オブジェとなる。テーブルクロスやナプキン、チェアランナーにはブランドロゴが白地に際立ち、オリジナル結婚証明書までを用意。さらに、ジュネーブをはじめ世界各都市でVIP顧客やジャーナリスト、バイヤー向けに開催される、フランク ミュラー ウォッチランド グループの新作発表会「WPHH」への入場パスポートも特典として贈られるというから、時計好きカップルには見逃せない。

特製の結婚証明書
アール・デコスタイルに仕立てられた特製の結婚証明書は、あのフランク ミュラー自身の署名入り。ビザン数字が見守るプレシャスな結婚の証に、変わらぬ愛を誓いたい。

会場コーディネートには、フランク ミュラーのシグネチャーウォッチにちなんだ3つのテーマが用意されている。まず、ふたりの愛を象徴する「赤」を基調とした「Heart to Heart」ウエディング。2つ目は、北アフリカにある砂漠の大地とそのエレガンスをイメージした「カサブランカ」。3つ目のテーマは「ロングアイランド」。ニューヨーク郊外のリゾート、ロングアイランド島の華やぎと優雅な雰囲気から着想を得た長方形ケースの代表作になぞらえ、アール・デコ調が香り立つ直線的なしつらえや、白とグリーンがキーカラーのシックな演出が特徴的だ。

「ハート トゥ ハート」
真紅のハートモチーフをあしらった時計「ハート トゥ ハート」と同じく、フランク ミュラーの時に対する情熱が「赤」のテーブルコーディネートに込められて。

5つ星ホテルを舞台に、夢のコラボレーション

会場として提携しているのは、ザ・リッツ・カールトン東京やハイアットリージェンシー京都をはじめとする、東京、京都、大阪、兵庫、沖縄の8つのラグジュアリーホテル。各ホテルによってさまざまな専用プランが用意されている。

たとえば、ザ・リッツ・カールトン東京が提供するのは、挙式日と翌日のスイートルーム宿泊と、ホテル独自の「ジェニュイン ウエディング カード」の特典がセットされたスペシャルプラン。このカードは、国内のザ・リッツ・カールトンにて宿泊やスパ、レストランなどの優待が受けられるというもの。ふたりにも家族にとっても大切な思い出の場所を、結婚式当日だけでなく生涯にわたって再訪することができる。

また、ウェスティンホテル東京では、赤が主役の「Heart to Heart」テーブルコーディネートを採用したプランを。ハイアットリージェンシー京都では、新郎新婦にハネムーンルーム宿泊の特典をセットするなど、それぞれのホテルで個性豊かな至福の時空間が提案されている。

自宅での演出も。コロナ禍にも嬉しいプライベートウエディング

提携ホテルとの協同による特別プランはあるものの、新郎新婦の希望に沿って、完全にパーソナルなウエディングパーティのプランニングも可能だ。提携ホテル以外の場所でも実施でき、挙式・披露宴会場選びから演出のイメージ、オリジナルデザインのケーキまで、ふたりの思いに寄り添いながら「フランク ミュラー ウエディング」ならではの洗練された世界観を叶えてくれる。

パーソナルかつ柔軟な姿勢のもと、自宅でのウエディングパーティの実施も対応可能。コロナ禍において、ごくプライベートな空間でのイベントを望むカップルにとっては朗報である。プライベートウエディングのコンサルテーションは、全国のフランク ミュラー ブティックにて対応。本社を構えるジュネーブのウォッチランドでの結婚式や、モナコ、イギリス、イタリアでの祝宴についても提案可能というから、再び自由に渡航できる未来に向けても夢は膨らむばかり。

時の価値を追求し続けるブランドにとって、時間と同様に目に見えない「愛」を表現することも、大切なテーマのひとつ。フランク ミュラーの唯一無二の感性に包まれながら、「時」をめぐる世にも美しい祝宴が人生最高の瞬間を刻んでくれるはず。

Text: Etsuko Aiko
Editor: Kaori Shimura

TOPヘ