株価変動の「投資心理」を考える

Page 1 | Page 2

タイミングなのか銘柄なのか

 「相場はタイミングこそすべて」という声と、「相場は銘柄選択こそすべて」という声。どちらも正しく思えるからややこしいもの。タイミングを重視するのは、それこそトレンド型のアルゴリズム売買のような機械的投資。銘柄を重視するのはヒューマニックな長期的投資。そういう区分けはできるでしょう。本来は銘柄を選択してタイミングを図るというのがベストなのでしょうが、二つのことを同時に思考できるほど市場は立派ではありません。


 機関投資家の多くはスクリーニングで銘柄を選択します。しかしそのスクリーニングの境目の上下の銘柄の差は一体どこにあるのでしょう。機械的な線引きの上位20銘柄目と21銘柄目の違いはどこにあるのでしょう。明確な理由はおそらく出てはきません。
 企業は線引きを意識して経営されている訳ではありません。それでも、「この数字では市場が納得しない」などという摩訶(まか)不思議な言葉が飛び交う世界。市場至上主義の弊害の部分ともいえるでしょう。短期的収益だけを求める部分に迎合して短期に収束すると「余剰金を配当に」「手元資金で自社株買いを」「株主優待を手厚く」、そして「製品開発のスピード化」までが求められます。


 3日で2割と半年で2倍。あるいは1週間で3割よりも3年で5倍。今日のプラスよりも5年で10倍。国民金融資産の健全な育成にとってどちらが望ましいのでしょう。たぶん理論的には長期での大化けなのでしょうが、心情的には目先の利幅。ここに迎合すると、企業も目先の動きにならざるを得なくなります。労多くして益少なしを目指すのか、大器晩成を目指すのか。この違いはスクリーニング主義と現場主義の違いとたぶん一緒です。

リズムを大切に

 市場での売りと買いは常に等しい量。つまり絶対量は変わらないのですが、相場の上へのベクトルを見込んで上値を買う人がいるかどうか。あるいは下落ベクトルの見通しを持って下値を売る人がいるかどうか。この違いが株価の上下変動になるということ。観念的ですが、これが相場の現実なのです。相場はもともと非合理的な場所。どんなに業績がよくても買われない銘柄がありますし、どんなに業績が悪くても買われる銘柄があります。


 そして、3日上がったからもう下がるだろうと思うとまだ上がるし、5日下げたからもう上がるだろうと思うとまだ下がることもあります。このリズムを会得できればよいのでしょうがなかなか難しいもの。業績や罫線を頼りにするよりも、短期的にはリズム感を育てることの方がもうけやすい場所かも知れません。

観察こそ原点

 私が崇拝しているピーター・リンチ氏の名言は「観察こそ原点」。
 企業は私たちの生活行動の延長線上に存在しています。興味を持ち対象銘柄をピックアップ。将来の成長がどのようにしてもたらされ、そしてそれがいつ減速するのかを見極めることが投資における「ワンアップ」への近道ということ。「まず株を買ってしまい、後で送られてきた年次報告書はゴミ箱行き」ではいけません。さまざまな生活シーンに登場する商品やサービスは大切なキッカケ。その上で徹底的に調べること。飽きるほど観察すること。これを繰り返しながら、できればトップの人柄をも見ること。そして製品の動きや開発状況を電話でもいいから調査すること。過去の値動きを目に焼き付けることも大切。これらを継続することの延長線上に、成長株が出現してくるのです。「株価の今日や明日、または来週の動きは、単なる気紛れでしかない」「会社に投資するのであって株価に投資するのではない」、名言としか言いようがありません。換言すれば「銘柄をタテに追う」ということ。銘柄のクセを知ることが重要です。そうすれば急激な短期的株価変動に慌て驚き騒ぐ投資心理は消えていくことでしょう。

ストックウェザー 「兜町カタリスト」編集長 櫻井英明氏

Page 1 | Page 2

Profile

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長 櫻井英明氏

ストックウェザー「兜町カタリスト」編集長。日興証券(現SMBC日興証券)の機関投資家担当トレーダー、株式新聞Weekly編集長を経て現職。東京MXTV「東京マーケットワイド」やラジオNIKKEI「投資知識研究所」キャスター。

  • プロネクサス
  • 日本PCサービス
  • アステリア
  • タナベコンサルティンググループ
  • ランドコンピュータ
  • グッドコムアセット
  • 日本高純度化学
  • ソレイジア・ファーマ
  • 旅工房
  • ジェイ・エス・ビー
  • ゴルフダイジェスト・オンライン
  • SBIアルヒ
  • メディアスホールディングス
  • イーサポートリンク
  • リックソフト
  • ハピネット
  • カクヤスグループ
  • 大和証券グループ本社
  • アクシージア
  • のむら産業
  • Kaizen Platform
  • ミダックホールディングス
  • 高速
  • フロンティア・マネジメント
IRフォーラムには多数の企業が掲載されています。 他の企業をご覧になるには下記からどうぞ!
  • イーサポートリンク

    イーサポートリンク

    2493

    誰よりも生鮮流通特有の運用や商慣習を理解しているのが最大の強みです。現在、全国の量販店200社以上と生産者をつないでいます。

  • メディアスホールディングス

    メディアスホールディングス

    3154

    メディアスは、日本最大級の医療機器卸販売グループです。最適なロジスティクス、ソリューションの提供により医療現場をサポートします。

  • ゴルフダイジェスト・オンライン

    ゴルフダイジェスト・オンライン

    3319

    日本最大級のゴルフ専門ポータルサイトGDOを運営。ネットとリアルを融合したゴルフ総合サービスを展開しています。

  • グッドコムアセット

    グッドコムアセット

    3475

    壁面緑化を採用し、長い間愛され続ける新築マンションを創造することで、お客様の一生涯のライフプランに携わることを目指しております。

  • ジェイ・エス・ビー

    ジェイ・エス・ビー

    3480

    学生マンションの企画・賃貸・管理を行う業界トップクラス企業です。管理物件(借上・自社)の入居率99.9%の実績を有しています。

  • アステリア

    アステリア

    3853

    国内初のXML専業ソフトウェア開発企業です。「つなぐエキスパート」として世界に通用するソフトウェアの提供を理念に掲げています。

  • ランドコンピュータ

    ランドコンピュータ

    3924

    コンサルからシステム導入、保守管理まで行うIT企業。
    お客様の業務を理解し、品質重視でシステムを開発。

  • Kaizen Platform

    Kaizen Platform

    4170

    1,000社以上のDX支援実績、ソフトウエア・人材・データがそろったプラットフォームによりDXのワンストップサービスを提供

  • リックソフト

    リックソフト

    4429

    グローバル展開するITサービスプロバイダー
    ITサービスをフル活用したデジタル変革で変化に強く継続的なビジネス成長を実現

  • ソレイジア・ファーマ

    ソレイジア・ファーマ

    4597

    がん領域のスペシャリティ・ファーマ
    がんと向き合う人たちの未来を照らす、アジアの太陽 「SOLASIA」

  • アクシージア

    アクシージア

    4936

    化粧品を通じて、『アジアの美』を日本から全世界に発信し、一人ひとりの輝きと品位のある生き方を応援します。

  • 日本高純度化学

    日本高純度化学

    4973

    ファインケミカルでエレクトロニクスに貢献する、少数精鋭の専門集団企業。

  • 日本PCサービス

    日本PCサービス

    6025

    少子高齢化が進む中、社会のDX化・ロボットやIoTの活用が進む現代において 「電気・ガス・水道」に続く第4のインフラとなった情報通信ネットワーク。一般家庭・企業の情報通信ネットワークを支え、社会に必要とされるサービスを提供しております。

  • 旅工房

    旅工房

    6548

    オンライン予約の利便性とトラベル・コンシェルジュの柔軟な対応力の組合せにより、お客様にご満足いただける最適な旅行を提供します。

  • ミダックホールディングス

    ミダックホールディングス

    6564

    株式会社ミダックホールディングスは、総合廃棄物処理企業として、廃棄物の適正処理を追求しています

  • フロンティア・マネジメント

    フロンティア・マネジメント

    7038

    経営コンサルティング事業、M&Aアドバイザリー事業、再生支援事業などにより、企業の発展と変革をワンストップでサポートしています。

  • のむら産業

    のむら産業

    7131

    長年にわたる米穀業界及び物流業界への製品・商品供給実績を誇り、米穀包装資材・機械をワンストップで企画・販売している会社です

  • SBIアルヒ

    SBIアルヒ

    7198

    SBIアルヒは、あらゆるお客さまのファーストチョイスとなる住宅金融のリーディングカンパニーを目指しています。

  • 高速

    高速

    7504

    当社は、安定的な配当の継続を経営の最重要課題の1つと考え、2023年3月期には19期連続での増配となる配当を実施しています。

  • ハピネット

    ハピネット

    7552

    玩具、映像・音楽ソフト、ビデオゲーム、アミューズメント関連商品を、いずれもトップクラスのシェアで取り扱うエンタテインメント総合商社です。

  • カクヤスグループ

    カクヤスグループ

    7686

    首都圏を中心にピンクの看板の「なんでも酒やカクヤス」で、個人向け・飲食店向けに酒類・食品の販売を行っているデリバリー企業です。

  • プロネクサス

    プロネクサス

    7893

    資本市場における情報開示のインフラとして、上場企業や投信会社などのディスクロージャー・IRを支援する専門会社です

  • 大和証券グループ本社

    大和証券グループ本社

    8601

    「貯蓄からSDGs へ」をコアコンセプトに、”資金循環の仕組みづくりを通じたSDGsの実現”に取り組んでいきます。

  • タナベコンサルティンググループ

    タナベコンサルティンググループ

    9644

    経営者の決断をささえることで、世界中の企業を成功で満たし、100年先の未来をともに創り出すことが、私たちの貢献価値です。